古河総合病院について古河総合病院について古河総合病院について

トップ > 古河総合病院について > 院長挨拶

院長挨拶

Any time with a smile

新年ご挨拶(2019)
2019年になりました。古河病院は、古河総合病院となり、14年目を迎えました。
昨年は、病院名が変わり、診療科も充実。眼科の手術も開始され飛躍の年でもありました。お陰様で、外来患者数は、年々増加しており、一日平均500名に達する勢いです。
当院は診療科の垣根を低くして、総合病院として様々な診療科を受診しやすく配慮しております。今後も耳鼻咽喉科を開設すべく院内のレイアウトも変更して参る予定です。

一昨年は健診業務を縮小しご迷惑をおかけしました。巡回健診は、人員の都合で、今は拡大できませんが、院内でのドック・健診業務を充実させて参ります。

秋には、病院健康祭りを開催。昨年は、プロの歌い手さんをお呼びして楽しい集いができました。そして、来年は、15周年の区切りを迎えます。同時に、3回目の病院機能評価を受診し内外で、当院が適正に医療を提供していることを証明し、より多くの患者さん、利用者さんに満足を与え、更に、当院に勤務している職員が、幸せに業務を行える、笑顔の絶えない病院であり続けたいと思っております。
ますます充実していく当院を本年もどうぞよろしくお願いします。

院長 福江 眞隆