診療科・部門紹介診療科・部門紹介診療科・部門紹介

トップ > 診療科・部門紹介 > 薬剤科

薬剤科

薬剤科について

誰に対しても感謝の気持ちを大切に、常に相手の立場で考え行動する

親切・早く・正確に、をモットーに適正な医薬品使用と管理を常に心がける

全員が持てる力を常に発揮して協力し合う

当院の薬剤科は、外来・入院調剤はもちろん、それ以外に病棟での服薬指導、院内医薬品の在庫管理、注射薬の調剤と個別トレイへのセット等多岐にわたる活動を行っています。
また、医薬品の適正使用の観点から、院内での勉強会の開催、院外で開催される地域医師会、薬剤師会開催の研修会への参加を積極的に行っています。
これらの勉強会・研修会を通じて、患者様にお薬が正しく提供され、患者様が正しく服用できるよう、薬剤科スタッフ全員で日々研鑽に努めています。

薬剤科

スタッフ

薬剤師 8名
薬剤助手 2名

施設基準

薬学生長期実務実習受け入れ施設

主な業務内容

外来調剤

処方箋の内容について、用法・用量、相互作用や重複投与などのチェックを行っています。薬局内では調剤システムを導入しており、薬袋の自動発行、散薬監査システムでの取り違いの防止を行っています。
また、処方箋に基づいての散剤、水剤、軟膏の混合も行っています。
窓口では薬剤情報提供書をお渡ししていますが、もっと詳しい説明、ご相談については、随時お受けしています。

調剤業務

入院注射調剤

入院患者さまごとに翌日分を準備して病棟に払い出しています。
その際、処方箋の内容について投与量・速度・配合変化等のチェックをします。

注射薬調剤

薬剤管理指導

病棟の患者さまのベッドサイドに出向いて、お薬の説明を行っています。
患者さまとの会話で副作用等が考えられた場合、医師に問い合わせをし、病棟スタッフとも情報の共有化、確認をして、適正な薬剤使用ができるよう努めています。

入院薬剤管理指導

薬剤情報管理

患者さまや院内外からの質問には迅速に対応し、副作用を含む医薬品に関する様々な情報の収集・提供を行っています。
医療は日進月歩です。厚労省、臨床試験、メーカー等からの膨大な情報から、必要と思われる最新情報を効率よく収集、整理して、治療に役立つ情報として的確に提供し、医薬品が安全かつ有効に使用できるよう、薬剤師としての使命感を持って業務に臨んでいます。

医薬品情報(DI)業務

薬品管理業務

医薬品の購入と保管、院内配置薬品の供給などの在庫管理業務です。
在庫場所の温度・湿度等保管状況の管理、過剰在庫、使用期限等のチェックも定期的に行っています。棚卸しは毎月行っており、法人の専用ソフトを用いて管理しています。

薬品管理業務

薬学生実務実習

モデル・コアカリュキュラムに沿って、実務実習の受け入れを行っています。
また実習を通じて「社会人としての心得」「医療チームの一員としての自覚、責任」なども指導しています。

薬学部学生の病院実習受け入れ