古河市情報古河市情報古河市情報

トップ > 先進医療と検査 > C型慢性肝炎

C型慢性肝炎について

放置すると肝硬変、肝がんに!? なるほど!C型肝炎

C型肝炎とは?

C型肝炎

C型肝炎は、C型肝炎ウイルス[HCV]が肝臓に感染することによって起こる炎症性の病気です。 C型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染しますが、症状を自覚することなく経過することが多いとされています。一方、C型肝炎ウイルスに感染した人の約70%が持続感染(HCVキャリア)に移行し、やがてC型慢性肝炎となります。
詳しくはこちら 詳しくはこちら

まずは診断から

ウイルス感染を調べるには血液検査が必要ですC型肝炎ウイルス感染を調べるには血液検査が必要です

肝機能に異常が続く場合、C型慢性肝炎を疑って、血液検査でHCV抗体をまず検査します。
ただしHCV抗体が陽性であっても、必ずしも「現在ウイルスに感染している(HCVキャリア)」とは限らず、「過去にC型肝炎ウイルスに感染した(感染既往者)」の場合もあるため、さらに詳しく検査することが一般的です。

治療はウイルス量・肝臓の状態で診断します治療はウイルス量・肝臓の状態で診断します

HCVキャリアであることが明らかになった場合には、血液中のウイルス量、肝臓の状態を調べて、すぐに治療を始める必要があるかを判断します。このためにはC型肝炎に詳しい医師による精密検査が必要です。

こんな治療法があります

C型慢性肝炎の治療は、「抗ウイルス治療」が中心となります。
ウイルスを排除することにより、肝がんの発生リスクが低下することが期待できます。

治療方法 治療方法

申請を行うことで医療費の助成が受けられます

C型肝炎のインターフェロンでの治療と飲み薬での治療は、患者さんの経済的な負担を抑える医療費助成をご利用いただけます。

【自己負担額のイメージ】
自己負担額のイメージ 自己負担額のイメージ
【医療費助成申請の流れ】
医療費助成申請の流れ
▼肝臓に関するリンク一覧

なるほど!肝炎 中外製薬株式会社【からだとくすりのはなし】 メリット【患者のための医療情報リテラシー】