古河市情報古河市情報古河市情報

トップ > 先進医療と検査 > スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症の舌下免疫療法について

スギ花粉症でお悩みの方へ スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症の治療

スギ花粉症の治療

スギ花粉症の治療は、スギ花粉を避けることが基本になりますが、必要に応じて薬物療法やアレルゲン免疫療法、手術療法などを行います。
スギ花粉症について詳しくはこちら スギ花粉症について詳しくはこちら

舌下免疫療法はアレルゲン免疫療法です

アレルゲン免疫療法とは

アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、症状を和らげる治療法です。 原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるアレルゲンを確定する確定診断が必要です。

【アレルゲン免疫療法の種類】
皮下免疫療法 舌下免疫療法 皮下免疫療法 舌下免疫療法

皮下免疫療法は、皮下に注射する治療法で、病院で行われます。注射であるため痛みを伴い、 さらに治療のはじめは徐々に増量するため頻回に通院が必要となります。
一方、舌下免疫療法は舌下に治療薬を投与するため、皮下免疫療法のような痛みがなく、自宅で服用できます。
しかし、服用量や服用方法、副作用に対する対応など、病院で行う皮下免疫療法と比べてより治療に対する患者さんの理解が必要な治療法です。

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉症と診断された5歳以上の患者さんが治療を受けることができます。

【服用期間】

1日1回、少量から服用をはじめ、2週間は徐々に増量し、その後は決まった量を数年にわたり継続して服用します。 初めての服用には、スギ花粉が飛散していない時期に、医師の監督のもと行う必要があります。

服用期間 服用期間
【服用方法】

治療薬を舌の下に滴下し、2分間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。
スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。

【服用時に避けること】

服用する前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにしてください。

【効果を発現するメカニズム】

効果を発現するメカニズムは十分には解明されていません。 舌の下から入ったアレルゲン(スギ花粉)が体内で反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応がおこることで症状がおさえられると考えられています。

効果と副作用

【期待できる効果】

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。 症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

期待できる効果 期待できる効果
【副作用】

舌下免疫療法には、以下の副作用があらわれるおそれがあります。

副作用 副作用

スギ花粉症のアレルゲン免疫療法をご存知ですか